お気に入りの男性社員に好かれるためにニキビ跡をどうにかします

私の働いている部署には女性はあまりいません。

 

むしろ若い人だけに限定をすれば私だけなので、男性社員からすればアプローチの対象にもなるのでしょう。

 

しょっちゅう声をかけられることも多いのですが、やっぱりこの顔にできているニキビ跡があるのでどうにもなりません。

 

私は今までほしいものは手に入れてきましたが、好きな男性に対してはいつも後ろ向きです。

 

好きになってくれるように仕掛けるのですが、ニキビ跡がひどいことであまり対処できないでいます。

 

こうなったらどこか評判のいい皮膚科でも探して相談をするべきですよね。

 

考えたら行動をするまでには時間はかからない私なので、さっそくインターネットの口コミで調べたところへと予約を入れてみたのです。

 

そこは女性の医師が多数いるので気軽に相談することもできるし、駅からも近いのでアクセスしやすいのも助かるポイントです。

 

ただ、今後ずっと通い続けることを考えれば営業時間がネックなので、仕事先に調節をしてもらう必要があるかもしれません。

 

もっと早くに決断をすることができれば助かるので、さっそく職場に掛けあってみたいと思います。

 

ニキビ跡さえなくなればかっこいい男性からも声がかかるのも必須といえるのではないでしょうか。


ニキビ跡の治療方法は規則正しい生活

 

本気でニキビを治したいとお考えの人は、やはりぱっとできる魔法のような方法を考えるよりも地道に時間をかけて治していく方法を考えるのがいいでしょう。

 

特に、生活が不規則な人というのがニキビ跡を直りにくくしていることが多いのです。

 

ですから、治し方としてはとにかく不規則な生活を改める、これに尽きるのです。

 

規則的な生活というのは睡眠時間や食事内容、また食事の時間も挙げられますし入浴方法もそれに当たります。

 

もしも睡眠時間が極端に短いのであれば、それを改める必要があります。

 

跡が残っている限りは睡眠時間は7時間以上は取ったほうがいいのです。

 

ですから、例えば今午前二時に寝て朝の七時に起きて眠い眼をこすりながら会社に行くという生活をしている人は、それを治して、せめて午前0時には寝るのがいいでしょう。

 

朝食だってしっかり食べなければいけません。

 

その時間を考えるのであれば、午後11時半に寝て、午前六時半に起きて三十分を朝食の時間に当てればいいのです。

 

朝食の内容は和食、洋食にあまりこだわる必要はありませんが、ニキビ跡に効くビタミン類を多く含んだ食材を取り入れることを意識してください。

 

何よりも規則正しく生活することを心がけることでニキビ跡は次第に薄くなっていきます。