ニキビ跡の対策に手料理を作る

ニキビ跡がなかなか良くならず、会社のお昼休みに愚痴がてら同僚に相談したんです。

 

何か言い方法はないかって。

 

そうしたら、同僚はちょっと呆れ顔で言うんです。

 

コンビニのお弁当を毎日食べていたら、治るものも治らないんじゃないのって。

 

そこではっとしたんです。私、ニキビ跡の対策に高い洗顔料や美容液を使ったりしていたんですが、食べ物のことまで考えていませんでした。

 

そこで、次の日から自分でお弁当を作ることに決めました。

 

また、ほとんどスーパーのお惣菜でご飯を食べていた食生活も改めて、不器用ながらもきちんと手作りすることを心がけたんです。

 

ニキビ跡の対策になる食べ物と言えば、ビタミンA、C、Eが入っているものを食べるのはすでに常識のようですね。

 

ネットでいろいろと食べ物について学びました。

 

そして、大豆やかぼちゃ、ブロッコリーにゴーヤなど、いろいろな野菜類がニキビ跡にいいと言うことがわかったんです。

 

あとは、レシピを見ながら作るだけです。

 

と言っても、私の場合その作るのが大変な作業ではあるのですが、それでもだんだんと料理のコツをつかむようになり、手早くおいしいニキビ跡の対策料理を作れるようになりました。

 

料理の腕が上がるのに比例して、ニキビ跡もどんどん治って来たので、一石二鳥で嬉しいです。


睡眠時間でニキビ跡対策ができる

 

睡眠時間を減らしている方が、実はニキビ跡になりやすいと言われています。

 

夜更かしをしていることによって、皮膚がしっかりサイクルを保てなくなってしまい、その間にニキビになってしまいニキビ跡を作ってしまうことが多くあります。

 

睡眠時間を取ることによって、再生する力も生まれてくるのですが、それもできないことから肌荒れが進行するようになり、直すことも難しくなってしまうのです。

 

皮膚の再生を考えている方にとって、睡眠時間はしっかり確保しなければならないものです。

 

睡眠時間がしっかり取れていない場合は、少しでもとるように心がけておくといいです。

 

ニキビ跡が生まれている状態でも、睡眠時間をある程度とっておくことによって、再生するための力を生み出すことができます。

 

後は治療をしっかり行っていれば、徐々にですが消えてくれるようになり、元通りの状態になってくれるケースもあります。

 

ニキビ跡は、ただ対策を進めておくのではなく、皮膚の中から対策ができるようにしておかなければなりません。

 

そのために重要なこととして、ニキビ跡を作らないための生活習慣が大事になってきます。

 

睡眠時間が減っている方は、少しでも確保するための余裕を作ってください。