ニキビ跡が黒くなって困っていました

若い頃はニキビが出来て治っても跡にならなかったのですが、三十代になるとニキビができそれをそのまま放っておくとニキビ跡になってしまいます。

 

私の場合は、黒っぽく色素沈着している感じです。

 

色素沈着してしまうと外側からはなかなか治すことができません。

 

放っておいても治るものでもなく顔にできた場合、ホクロのようになってしまうのです。

 

色白ですから余計目立ちます。

 

最初は化粧でフォローしたりしていたのですがスッピンになったときさすがに限界を感じてしまい、体内から治そうと思いました。

 

ビタミンを沢山とるようにしたらどうだろうか、と思い果物を食べるようにしたのですが、肌のツヤはよくなるものの色素沈着はなくなりませんでした。

 

そこでハイシオールCを飲むことにしました。

 

ビタミンを摂取するのに果物よりカロリーはありませんし沢山食べなくてもよい、というのが利点でした。

 

一ヶ月ほど続けていると、顔にあったニキビの跡が徐々に薄くなっていることに気づきました。

 

自分の顔は毎日見ていますので、跡が薄くなったかどうか分かりづらかったのですが、さすがに一ヶ月もすると効果が自分でもわかるようになってきました。

 

顔色、も以前より明るくなってきましたし、ニキビ跡だけではなく顔全体の調子もよくなってきたのでよかったです。


ニキビ跡は何かと厄介なので

 

私は中学、高校生の頃酷い思春期ニキビに悩まされていました。

 

頬やこめかみやおでこや顎等、とにかく顔中のありとあらゆる場所に大きなニキビが出来てしまいました。

 

大人になって酷かった思春期ニキビは自然と治りましたが、長年繰り返しニキビが沢山出来てしまった為、その代償は大きかったですね。

 

ニキビは出なくなったものの、ニキビの粒が大きかったのでニキビが出なくなった今でもニキビ跡としてしっかりと未だに残ってしまったのです。

 

ニキビ跡ってまるで月のクレーターの様で、お肌に凹凸があってボコボコしていて汚いんですよね。

 

幾らメイクをしてもニキビ跡が気になって仕方がないんですよね。

 

ファンデーションで隠そうとすると、段々と厚塗りになってしまいますので、ファンデーションを塗る前の下地が肝になるのです。

 

カバー力のあるコンシーラー等で、お肌に悪いかもしれませんが、ニキビ跡の凹凸部分を埋めようとコンシーラーを塗って、指の腹でポンポンと軽く叩く様にお肌の上に乗せます。

 

ここでゴシゴシ擦ってしまうと今度はシミが出来やすくなったりお肌が乾燥してしまうので、あくまで優しく乗せるイメージでやります。

 

ベースメイクをしっかりした後で、ファンデを塗るとニキビ跡は然程気になりません。