黒ずんでしまったニキビ跡

特定の年齢にさしかかるとニキビが非常に多くなってきます。

 

これは仕方のない事であり、食事改善や生活内容を見直してもなかなかニキビを根本的に根絶することは難しい事です。

 

そうなってくると、出来てしまったニキビをいかに綺麗に治すかがポイントになってくるのです。

 

ニキビ跡が残ってしまうとかなり目立ってしまう事になるため、ニキビの状況を確認しながら落ち着かせていく必要があるのです。

 

ニキビは、清潔な皮膚を心がける事によって自然に落ち着いてきますが、途中の段階においても常に気を使う必要があります。

 

特に黒ずんできたニキビを改善させるためには、ターンオーバーを待つことです。

 

同じ部分に何度もニキビが出来てしまう場合は、代謝が落ちている可能性があるので、ニキビが落ち着いて綺麗な肌に作り変えられるまでの時間が延びてしまうこともあります。

 

また、同じ場所に何度もニキビが出来る場合は、その部分の皮膚の毛細血管から血がにじみ出たような状態が長期間続いてしまうため、シミのように黒ずんで残ってしまう事があるのです。

 

これを回避するためには、同じ場所にニキビを作らないように清潔にケアする必要があり、ビタミン類を補給しニキビ改善の取り組みを継続していく事が大事になってくるのです。
シミくすみには→→ロスミンローヤル口コミを参照


ニキビ跡を改善する為の様々な対策

 

生理前にニキビが出来てしまうタイプですし、肌荒れすると長引くタイプですので早めに対処しなければなりません。

 

今回は、仕事の長期出張があったせいか、ストレスも溜まってしまいニキビも多くなりました。

 

その時に出来てしまったのが顎に出来るホルモンニキビでしたが、一部は赤くなってしまい炎症が起きていました。

 

ニキビ跡にしない為の対策も必要だったのですが、紫外線を避ける事が大切だという事ですので、 UVケアは特に強化しました。

 

朝だけではなく昼もメイク直しの時にUVカット剤を重ね付けし、ニキビ跡は化粧をしすぎないようにしました。

 

また、ビタミンCはニキビ跡を改善するのにも非常に良い成分だと言う事です。

 

ですから、市販のビタミンC入りのサプリメントも購入したのですが、同時にビタミンCを含んでいる美容液も購入しました。

 

私が使ったのはピュアビタミンCが配合されているオバジCという美容液です。

 

こちらを使うようになってからニキビ跡も綺麗に消えましたし、肌理が整い、あまりニキビが出来ないようになりました。

 

もちろん、生活習慣や食生活なども注意する必要があるのですが、サプリや良いコスメを使うとニキビ跡の改善も早くなりますし、毛穴効果がとても高いのでニキビが出来にくい肌にもなります。

 

この方法が私のニキビケアの中では一番良い方法です。