ニキビ跡とターンオーバー

ニキビ跡が出来てしまうのは、ニキビが出来てしまったときのケアが提供してる可能性が大きいのです。

 

赤いニキビの場合には、比較的ニキビ跡になる早い段階ですが、この時ニキビの毛細血管に血液が集中しており、ニキビを早く治そうとする反応で赤くなって見えるのです。

 

このニキビ跡を改善させるときには、あまり触らないようにしながらターンオーバーを改善することが大事です。

 

肌の新陳代謝を活性化させることにより、早く新しい細胞を作りだしニキビ跡を早めに緩和していく事が可能になります。

 

この時、肌に必要となる栄養分を十分に補給する必要があります。

 

ビタミンAからビタミンB群、ビタミンC、そして対策の為にもビタミンEの補給が大事になります。

 

これらは野菜を補給する事、そしてキノコ類やナッツ類なども食べる事によってうまく栄養分をキープすることが出来るはずです。

 

これらの栄養素の摂取が足りないと感じる場合には、サプリメントでビタミン類を補給する考え方も有効です。

 

そして、このターンオーバーの効果をより多く得るためにも就寝時間を出来るだけは止める対策が必要です。

 

綺麗な肌は寝ている間に作られるので、就寝時間を十分に確保する生活習慣を心がける事が大事です。


ニキビ跡を改善するために実践している方法

 

思春期の頃は結構ニキビが発生していました。

 

ニキビが発生すると顔が痒くなってしまうので、つい強く掻いてしまうことがありました。

 

強く掻いた時にニキビを潰してしまうことはありましたが、この時は特に気にしていませんでした。

 

しかし、ニキビを掻いてしまったこと、潰してしまったことは、数年後の後悔することになりました。

 

スキンケアに興味を持つようになった時、頬の部分が少しへこんでいることに気付きました。

 

なぜへこんでいるのかしばらくわかりませんでしたが、頬の部分は思春期の頃にニキビの症状が重かったです。

 

つまり、ニキビを掻いてしまい、潰したことによってへこみが発生していました。

 

まさかこのような形でニキビ跡に苦しむことになるとは予想していませんでした。

 

しかし、放っておくと結構目立ちます。

 

そこで、ニキビ跡を自分で改善できる方法を検討したところ、手頃だと感じたのはスキンケアで改善する方法です。

 

たとえば、保湿を重視するスキンケアはニキビ跡に効果的です。

 

へこんでいる部分をスキンケアによって蓋をするようなイメージです。

 

また、保湿をしっかり行っていれば、肌にハリが出るようになります。

 

ニキビ跡でへこんでいたとしても、ハリのある肌であればニキビ跡は目立たなくなります。