適度な運動はニキビ跡に効果あり!

このところ仕事に追われる毎日で、自分のことに全く時間を取ることができていませんでした。

 

栄養の偏った食事、睡眠不足、ストレス蓄積などに対する対策が全く図られず、よってお肌の状態は人生でもピークといっていいほど荒れていたものです。

 

年齢以上に老けて見られることもしばしばで、逆に周りの友人たちは若々しさを保っているため、横に並んだ時のギャップと言ったら、もう本当に悲しくなってしまいます。

 

しかも、ニキビ跡が顔中に広がっているため、もはや年齢がどうのこうのを通り越して、このままでは一生治らないのでは?と日に日に危機感が募っていったのを今でも覚えています。

 

とまあ、さすがに何かしらの対策を講じる必要性に迫られ、いろんな化粧品を購入し、もっと自分のことに時間を取るように心がけました。

 

また、生活習慣の改善も同時に図り、とりわけ運動には力を入れてきました。

 

これが、思いのほか効果があったようで、あれほど広がっていたニキビ跡が、かなり改善されているのです。

 

まだまだ完治とはいいがたいですが、それでも以前と比べると変化は一目瞭然ですし、最近ではすっかり人の目も気にならなくなってきました。

 

運動によって代謝が良くなり、血行が促進され、お肌の調子も良くなっていったのでしょう。

 

また、この状態での化粧品使用が、今まで以上の効果を演出しているに違いありません。

 

つまり肌質や体質改善によって、化粧品が効率よく浸透するようになり、結果的にニキビ跡が改善されていったのです。


ニキビ跡が残るので止めましょう

 

後悔先に立たずとはよく言ったものだと、自分の顔を見るたび思わされます。

 

なぜなら、私の顔にニキビ跡があるからです。

 

学生の頃、私はニキビができやすい体質でした。

 

対策を採れば抑えることはできたと思います。

 

しかし、全くと言っていいほどしていませんでした。

 

なので、たくさんできたのを体質という言葉ですませていいのか少し微妙な所ですが、とにかく、ニキビがたくさんできました。

 

そのニキビへの対策もきちんとしたものではありませんでした。

 

放置するか、気になれば潰してしまうということばかりしていたからです。

 

ニキビを潰すと、炎症が起こり肌が傷ついてしまいます。結果できるのがニキビ跡です。

 

ニキビにはいろんな種類があり、すべてのニキビが、潰すとニキビ跡になるわけではないようです。

 

残念なことに、私の場合、ニキビ跡になるニキビが多かったようで、ニキビ跡が顔にたくさんできてしまいました。

 

一旦できたものを治すのはなかなか簡単なことではありません。

 

しかし、当時の私は何も考えずに、気軽に潰してしまっていました。

 

当時の私を怒ってやりたい気持ちで一杯です。

 

もちろん、そんなことはできません。

 

今日も鏡で自分の顔を見て、自分の過ちと向き合っています。

 

みなさんはニキビを潰さないようにして下さい…。